越境研究所とは

越境研究所とは、学問分野間・学問/社会間の壁を越えて【知をひらく】という大きなビジョンの下で活動している組織(一般社団法人申請予定)です。社会の諸問題がますます専門化と複雑化を進めている中で、学問はその細分化・蛸壺化が進んで隣の領域のこともわからない状態に陥っています。その学問分野ごとの縦割り的な現状を改善すべく、憲法学から物性研究まで様々な分野の研究者(とそれを志望する修士/博士課程の学生)が集まって交流を進めています。同時に、学問分野内での越境に留まらずそれによって生まれる知が社会に合流するべく、官僚や国際機関職員、保育士に理学療法士など多様な社会の実践者も参加しています。学問分野の壁を越え、また学問と社会の間の壁も越えて何かを行うこと = 越境の定義、価値、方法論などを整理し、またそれを共有したコミュニティを形成し、そこから新しい知を社会に発信していくことを目的に様々な活動をしています。