プロジェクト

越境研究所は、「越境理論 = 越境の定義、価値・方法論」をコアにしたコミュニティとして、越境しなくては出来ないような様々なプロジェクトを企画・運営しています。高校生向け出張授業では、様々な学問分野の学生が自分の分野の面白さと社会にどう繋がっているのかを伝えることを通して多様な進路選択の可能性を提示します。政策提言プロジェクトでは大学の意義を分野横断的に捉え、ポジショントークを越えた形で社会に若手研究者を中心とした意見を発信しています。他にもDesign Driven Innovationと呼ばれるアイディア創発手法を取り入れたプロジェクト、分野を越えて社会問題を検討することを通して交流と越境を育む越境ゼミなどが既に企画・運営されています。今後も、当研究所の分野と所属を越えたメンバーが集まることによって様々な越境型プロジェクトを生み出し、またその実践を通して越境理論を繰り返し改善していきます。